埼玉 川越 漢方薬局 女性の健康とアトピー性皮膚炎応援サイト

漢方美人.COM

不妊症

HOME > 不妊症 :男性にも漢方薬を

一覧に戻る

不妊症 :男性にも漢方薬を

2009年04月19日


男性にも漢方薬を


聖路加国際病院産婦人科・生殖医療センターの佐藤孝道先生の不妊についての講義や不妊症についての研修会にを参加してきました。

テーマは「男性不妊」
いままでは不妊はどちらかというと女性の問題が注目され、治療もメインで行われてきました。男性は何歳になっても生殖能力があり、年齢が高くてもあまり問題はないと。しかし、先生の研究では、男性の年齢により、流産率や死産率が上がることがわかりました。とくに32歳くらいから影響が出やすいということでした。

漢方では、女性は7の倍数、男性は8の倍数で、老化のレベルがすすみます。女性のピークは28(7×4)歳で、28歳以降は老化が進み、妊娠率も悪くなり、35歳(7×5)でさらに悪くなります。男性は8の倍数で、32歳(8×4)がピークでその後どんどん老化が進みます。

このことは今から約2000年前、中国最古の医学書「黄帝内経 素問」に書かれていることです。現代医学と中医学が一致したのです。見た目は若くても、体の内部は少しずつ老化します。漢方では「補腎」することによりその老化スピードを遅らせ、体を助けます。

店頭では圧倒的に女性だけが相談に見えられることが多いのです。子供を望むのであれば、女性だけに任せるのではなく、男性もしっかりと体を補う必要性を感じました。

32歳を超えていなくても、検査データは正常値でも、現代の男性は仕事が忙しく、ストレスも多く、食事もかたより、睡眠時間も遅い方が多く、消耗しているようにみえます。女性と一緒に漢方薬を飲んで、健康的に生活し、子宝作戦に挑んでほしいと思います。

植松未来