埼玉 川越 漢方薬局 女性の健康とアトピー性皮膚炎応援サイト

漢方美人.COM

月経症・その他

HOME > 月経病 :正常な生理とは・基礎体温について

一覧に戻る

月経病 :正常な生理とは・基礎体温について

2008年05月13日


正常な生理とは・基礎体温について


中国では昔から「婦人以血為本」と言われ、血液は女性の体にとって、とても必要なものであるとされています。
毎月月経によって大量の血液を失い、また厚く内膜を作らなくてはいけません。
ですから女性の身体は常に血液不足ともいえます。
他の臓器も血液が巡ることにより養われます。
血液を補い、十分に体内を巡らせることは女性の健康的な体を作るために重要なことなのです。
そして正常な月経が来ることは女性のひとつの健康バロメーターになります。
「正常な生理」が毎月くるか、ちゃんと自分の生理をチェックしてみて下さい。
基礎体温をつけてみるとホルモンの働きを自分で推定することができます。

<正常な生理>

◎周期:25〜38日(平均28日) 
 毎月ほぼ日数が変わらず(6日以上の変動がなく)来ること
◎日数:3〜7日
◎生理痛:ない
◎血液の塊:ない、あっても親指爪より小さいこと
◎排卵日頃:錦糸状のオリモノが見えること
◎生理前:特に強い症状(頭痛、イライラ、胸はり)がないこと

生理痛があることを「ふつう」だと思っている方も多く、市販の薬で我慢している方もいます。
正常な生理かどうか、チェックして、「ちょっと異常かな?」と思い当たることがあれば早めに整えることが大切です。
それは、これから先、大きな病気を予防することにもつながります。

<基礎体温(BBT)について>

◎二相性
◎低温期と高温期の差:0.3〜0.4℃
◎体温は人によって違いますがだいたい低温期:36.2〜36.4℃ 高温期:36.6〜36.8℃

●月経期:体温の下降は一気に下がること
●低温期:穏やかに一定ラインでいること
     月経開始から排卵まで12〜16日くらい。
●排卵期:一度下がり2〜4日で高温に達すること
●高温期:M型や山型にならず一定ラインを保ち、12〜14日間あること
    (ホルモン剤使用によりのびることもあります)

基礎体温を毎日測るのはとても面倒に感じるかもしれませんが、習慣になればそんなに負担でもありません。それよりもきちんと排卵しているか、自分のホルモン状態を推測する方法なのでぜひつけてみて下さい。

枕元に基礎体温計を置いておいて、朝起きたら体を起さずそのまま舌の下にはさんではかります。
(トイレに行ってから測ったり、寝坊して測ると、いつもより高い体温になります。だいたい同じ時間に、体を起こさずに測って下さい。)
(余談:花粉症の時期、口を閉じると呼吸ができず測りにくいです(^^;))


正常な基礎体温

正常な基礎体温


パンダの基礎体温表 プレゼント!


 

日本初!中医基礎体温表

日本初!中医基礎体温表

私がイスクラ薬局原宿店に勤めている時、当時一緒に働いていた木梨さん、夏苅さんとともに婦人科の中医師の先生にアドバイスをもらいながらつくった基礎体温表です。
パンダのかわいいイラストが、どの基礎体温表より和ませてくれます。

「日本初!中医基礎体温表」
オレンジページの編集部の方が気に入って下さり、ムック本「漢方養生法」の付録にもなりました。

生理の周期毎の生活・食養生や月経についての情報ものせました。
気に入っていただけるとうれしいです。

ご希望の方に1冊さしあげます。
ウエマツ薬局まで「HPをみた」とご連絡ください。