埼玉 川越 漢方薬局 女性の健康とアトピー性皮膚炎応援サイト

漢方美人.COM

漢方で改善

いろいろな症状に

HOME > 漢方で改善 > 予防   :放っておけない手のしびれ

一覧に戻る

予防   :放っておけない手のしびれ

2013年03月17日

放っておけない手のしびれ

このごろ少し手がしびれる。「疲れているのかなあー」と軽く考えている人が沢山います。肘痛

この症状に口が引きつる、イライラ、のぼせ、汗が出る、などといったものが重なってくると、

放っておけません。これらの症状には更年期障害、高血圧、脳卒中の前兆という怖い病気

が隠れている場合がありますので早めの予防が大事です。

中医学では「40歳をこえると身体に必要な水分が半減する」という言葉があります。

「湖にいる竜が、水が無くなってくると、水から浮き出てきて上に昇る」という例で表現されるように体の上のほうに症状が出ます。のぼせたり、汗が出て、もっと悪化すると精神症状、手のしびれ、口の引きつれ、高血圧から脳卒中へと進む場合があります。

これらの予防には漢方薬では冠元顆粒(かんげんかりゅう)、釣藤散、半夏白朮天麻湯、温胆湯、牛黄清心丸などという薬をよく使います。転ばぬ先の杖、早め、早めの養生を!

薬剤師 国際中医師 植松 光子

かんげん顆粒