埼玉 川越 漢方薬局 女性の健康とアトピー性皮膚炎応援サイト

漢方美人.COM

漢方で改善

いろいろな症状に

HOME > 漢方で改善 > 高血圧 :高血圧との上手なつきあい

一覧に戻る

高血圧 :高血圧との上手なつきあい

2013年03月11日

高血圧との上手なつきあい

最新のWHOの基準では、上の血圧が140以上下の血圧が90以上を高血圧といいます。

高血圧になりやすい要因には、肥満・親が高血圧・ストレス多い・塩分の取りすぎ・お酒の飲みすぎなどで、長い間血圧が高いと、脳・心臓・腎臓などの血管や臓器に障害が現れてきます。

この治療に西洋薬では、降圧剤・血管拡張剤・利尿剤などが使用されます。

中国医学では、バランスを大変重要視して肝・腎のバランスを整えながら、血液の浄化と血管の弾力を強化する方法を良く用います。

特に「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」という中国で長い研究と臨床実験の総結集により開発された妙薬はお勧めです。

高血圧と診断されても、リラックスした日常生活と適度の運動及び適切な薬の服用により、上手につきあっていけば安定した生活を送っていけます。

薬剤師 国際中医師 植松 光子

かんげん顆粒四葉のクローバー