埼玉 川越 漢方薬局 女性の健康とアトピー性皮膚炎応援サイト

漢方美人.COM

アトピー

アトピーのお話

HOME > アトピー > 家族が明るく振舞えば、アトピーの治りも早い

一覧に戻る

家族が明るく振舞えば、アトピーの治りも早い

2008年05月15日


家族が明るく振舞えば、治りも早い


アトピーは内臓の病気と違ってからだの表面に症状が出るので家族は症状の変化に伴って一喜一憂しがちなものです。
特に顔にアトピーが出ていると毎朝子供の顔を見ては親も一緒にはらはらしますので、その親の気持ちを子供も敏感に感じ取って落ち込んでしまいます。
私の薬局でも「治るでしょうか」と泣いてしまう親が少なくありません。

しかし以前来店されたお母さんで、子供の前ではとても明るく振舞っていて「平気、平気、アトピーなんてすぐ治るわよ、」という風な感じの方がいました。お母さんが明るいのでお子さんもアトピーに対して不安がることもなく、症状がひどい割にはお子さんも落ち込まず、その結果治りも早く感じられました。
下の写真のお嬢さんがその例です。

顔も首と同様赤く腫れ、皮膚から汁が出てその汁が黄色く乾き、とてもかわいい顔なのにこれでは外を歩いたり、学校へ行くのは辛いだろう、と思われました。アトピーで顔が赤い人は一般に夕方、人が歩かなくなった時間、顔を隠すように来店される方が多いのですが、私の薬局まで駅から歩いて18分、明るい昼間顔を出してお母さんと楽しそうにおしゃべりしながら歩いてきていました。

病状も一進一退を繰り返しながらも少しづつよくなり、最終的にはすっかりよくなり、見違えるほど美しくなりました。
親もよくなるかどうか、さぞ不安だったことでしょう。しかし症状に波があっても私を信頼してくれて漢方薬をやめることなく飲みつづけました。

アトピーは自律神経とも関係していると思います。アトピーそのものもストレスになっています。そのとき親がでんとして「大丈夫、必ずよくなるよ」といった態度でいることは、どんなにかお子さんの助けになることでしょう。

ウエマツ先生の本プレゼント