埼玉 川越 漢方薬局 女性の健康とアトピー性皮膚炎応援サイト

漢方美人.COM

アトピー

アトピーと赤ちゃん

HOME > アトピー > 赤ちゃんのアトピーを楽にする方法

一覧に戻る

赤ちゃんのアトピーを楽にする方法

2008年05月16日


タンパク質の消化能力が弱くてアレルギー反応


赤ちゃんのアトピー性皮膚炎についての相談メールが増えています。
かゆくて泣く赤ちゃんをかかえ、若いお母さんが困っている姿が目に浮かぶようです。

赤ちゃんは、食べ物によるアレルギー反応がよく出ることでわかるように、まだ消化器の働きが十分ではありません。
ですから卵や牛乳、大豆などのタンパク質が十分消化されず、それらを異物として体がキャッチすることによってアレルギー反応が起こるのです。したがって、赤ちゃんや子供のアトピー性皮膚炎の基本的な考えは、消化器の働きをよくし、消化吸収の手助けをする、ということが根本的な考えになります。元気でよく食べるからとか胃腸は丈夫だから手助けしなくてもよい、というのではなく、年齢から来る臓器の未熟さのことを言います。

1歳未満は意外と苦い漢方薬でも良く飲みます。
以前紹介しました私の孫も、4ヶ月からアトピー性皮膚炎で中国漢方を飲ませましたが口をあけて待っていました。ただ知恵がつくとてこずって難しくなります。赤ちゃんがどうしても飲まないときは、お母さんが飲んで母乳から漢方薬の成分がでる、というやりかたもありますから決してあきらめないでください。

基本的に飲ませたほうが早く効果が出る漢方を紹介しましょう。
まず1番目は、消化を手助けするもので「晶三仙(しょうさんせん)」というエキスがあります。
麦芽やあずき、ふすま、さんざしなどの入った醗酵物で、飲むと胃がすっきりし、大人の食べすぎ飲みすぎにもいいです。中国語では3種類の仙人になるまで長生きするもの、という意味です。

2番目は、赤みをとる中国漢方薬のエキスか煎じ薬です。いろいろな種類がありますから、中国漢方に詳しい専門家に詳しく症状を話したほうがよいですね。できれば写真を送るとよくわかります。

最後はかゆみによいすべりひゆです。生薬名は「馬歯けん(ばしけん)」
夏咲く松葉ぼたんのなかまの草で、東北や福島ではおひたしにして食べますが美味しいものです。戦争中は下痢止めに兵隊さんが良く食べたそうです。このすべりひゆの煎じ汁かエキスを飲みます。エキスは「五行草茶(ごぎょうそうちゃ)」という名前の商品もあります。([子供のアトピー]参照)

飲むのがどうしてもだめだったら漢方の軟膏と保湿のクリーム、刺激の弱いボディシャンプー、入浴剤でやっていきましょう。リスブラン化粧品のノンEウオッシュ、ノンEバスソルトは敏感肌の方に喜ばれています。

スベリヒユのエキス1袋を水50ccに溶かして、かゆがっているときコットンかガーゼでピチャピチャしてあげてください。かゆみがスーっと楽になります。ステロイド軟膏のリバウンドで真っ赤なときにもよいです。生薬を煎じてお風呂に入れてもいいでしょう。
ただ、乾燥させる性質がありますから使ったらすぐそのあとクリームか太乙膏、紫雲膏をぬったほうがよいです。
赤み、かき傷があるときは太乙膏が適用です(「漢方の軟膏」参照)。カレー粉のような独特のにおいがあり臭いですが不思議と人気があります。

赤くない部分の肌には、中国漢方のエキスと保湿成分のたっぷり入った薬用保湿クリーム「瑞花露(すいかろ)」を塗って潤いを保つと、アトピー性皮膚炎の予防になります。翌日までしっとり感が残る素晴らしいクリームです。


アトピー性皮膚炎の再発予防のコツ!!!


アトピー性皮膚炎は赤みがとれたら治った、のではなく、元の乾燥肌を治さないとまた再発します。
赤みが取れても中国漢方を2年も3年も続けている方は、どなたもうらやましいくらい真っ白でつるつるの肌になっています。その後も瑞花露やノンEクリームで保湿を保っていると再発をふせぎます。

ウエマツ先生の本プレゼント