埼玉 川越 漢方薬局 女性の健康とアトピー性皮膚炎応援サイト

漢方美人.COM

アトピー

アトピーとお薬

HOME > アトピー > 軟膏の使い方 神仙太乙膏

一覧に戻る

軟膏の使い方 神仙太乙膏

2008年05月15日


《軟膏について》  掻き傷の多い人によい「神仙太乙膏」(しんせんたいつこう)


アトピーで一番辛いのはかゆみです。かきむしると傷が無数にでき、そこに細菌がつくとまたかゆくなります。
ステロイド軟膏は炎症を抑えますが、そのかわり免疫を低下させます。皮膚も薄くなっていきます。連用しますと、ステロイド軟こう使用者特有の赤く、熱感をもった、てかてかした肌になってきます。こうなってきますと、痒くてステロイド軟こうを塗ってもなかなかかゆみは取れませんし、かきむしって傷ができます。
こういうときに「神仙太乙膏」を薄く塗ります。
本来床ずれや火傷に用いる軟膏ですから、傷んだ皮膚の修復に優れています。
汁(分泌液)が出てきているときは、イソジン消毒液で消毒してからガーゼに厚めにのばして患部に貼ります。かゆみ、痛みが早く治ります。連用しても免疫力を低下させる、といった副作用はありませんので安心して使うことができます。
その他、やけど、きりきず、むしさされ、とこずれに効果があり、早く痛み、かゆみがとれ、肉芽の形成を助けます。
神仙太乙膏にはカレーのような独特の匂いがあり薄黄色ですが、効果がよいので是非使って欲しいものです。
七つの生薬をごま油で抽出し、ミツロウでかためたもので成分はトウキ、ケイヒ、シャクヤク、ダイオウ、ゲンジン、ビャクシです。

「桂皮=シナモン・ニッキ」が入っているためか、涼しい季節はとてもよいのですが、暑くなると
「冬はよかったが、暑くなってきたらかゆくなる」という方がいます。
「桂皮」は温めるのでそのような作用が出るかもしれません。

「神仙太乙膏」。写真の製品の商品名は「タイツコウ軟膏」

「神仙太乙膏」。写真の製品の商品名は「タイツコウ軟膏」

ウエマツ先生の本プレゼント