埼玉 川越 漢方薬局 女性の健康とアトピー性皮膚炎応援サイト

漢方美人.COM

不妊症

HOME > <不妊・妊娠力アップの豆知識その⑥>

一覧に戻る

<不妊・妊娠力アップの豆知識その⑥>

2012年05月14日

        その⑥                      がんばる精子の話

 膣内の精子は、子宮頸管・子宮腔・卵管へと泳ぎ上ってゆきます。

排卵が近くなった子宮頸管では子宮頸管粘液が増えて、酸性度は弱まり、精子にとって都合の良い条件へと変わります。

しかし、まだこの関所にはトラップがあるのです。

粘液の流れは膣へむかっているので、精子は多量の粘液の流れに逆らって必死に泳いでのぼらなくてはなりません。

ですから、この激流を泳ぎきることのできる元気が良くて、強い精子だけが子宮にいれてもらえるのです。

しかもその期間は1~2日間だけ。

排卵すると粘液はとたんに減って、元のすごい関所の状態へ戻ってしまいます。

そのため排卵直前にこの難関を切り抜けたほうが、受精の可能性が高まるのです。

 ウエマツ薬局 掛上 敦子

小人と花  

<参考文献>

      ・35歳からの妊娠 畑山博・中山貴弘著 主婦の友社

      ・なぜどうしてvol.10 医療情報化学研究所 medic media