埼玉 川越 漢方薬局 女性の健康とアトピー性皮膚炎応援サイト

漢方美人.COM

不妊症

HOME > <不妊・妊娠力アップの豆知識その5>

一覧に戻る

<不妊・妊娠力アップの豆知識その5>

2012年05月01日

その5 疾走する精子の話

一方、射精された精子ですが、膣内は感染予防のため酸性に保たれていて、精子にも過酷な場所となっています。

がんばって膣内で生き残った精子、次は約3センチのトンネル・子宮頸管へ入ります。

無菌状態の子宮を細菌から守るため、排卵時期以外は子宮頸管粘液がほとんど分泌されておらず、やはり酸性でかなり厳しい場所です。

ところが排卵時期が近づくと、子宮頸管の酸性度は弱まり粘液も増えて

精子に居心地が良く変わってきます。またネバネバしているので、精子はどんどん取り込まれます。

そして更に子宮腔へ進みます。精子は決死の大縦断をし、卵子との待ち合わせ場所・卵管膨大部へ向かいます。

ここで卵子のいない方の卵管へ向かって進んでしまった精子は、なんだか本当に可哀そうです。

精子は何億も射精されますが、様々な難関が待ち構えているため卵子に会うことができるのは、ほんの数十~数百となってしまうのです。

57tentoumusi4