埼玉 川越 漢方薬局 女性の健康とアトピー性皮膚炎応援サイト

漢方美人.COM

アトピー

アトピーの症例

HOME > アトピー > 本当のアトピー

一覧に戻る

本当のアトピー

2008年05月20日


自分で勝手にアトピー性皮膚炎だと思っていませんか?


お医者さんも「アトピー性皮膚炎」という診断を簡単に言わないよう気をつけているそうです。「アトピー性皮膚炎」といわれて難しい病気だと悲観するからです。

そのために「アトピー性皮膚炎」とはどのように定義されているか以下に書いて見ました。参考にしてください。
当てはまってもがっかりしないで「よし、がんばるぞ!きっと治してみせる」という気構えが大事です。

体質、症状に合った漢方薬を根気よく飲めばきれいになりますよ。


アトピー性皮膚炎の定義


アトピー性皮膚炎は悪化したり、落ち着いたりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主な病変とする疾患であり、患者の多くはアトピー素因を持つ。

●アトピー素因とは
(1)家族歴、既往歴に気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎のどれか、あるいは複数の疾患がある。
(2)IgE(免疫グロブリン)抗体を産生しやすい素因
以上参考:日本皮膚科学会「アトピー性皮膚炎の定義・診断基準」

●アトピー性皮膚炎の診断の基準
(1)かゆみがあること
(2)赤味、ぶつぶつ、かさかさ、じくじく、ごわごわなどの症状がある。
(3)左右対称にある。たとえば両肘内側、両肩、額の両脇、両足膝内側、両足首など。
(4)症状に波がある、よくなったり悪くなったりを繰り返す。
(5)年齢による特徴がある。
幼児:頭や首、あご、ほおに出やすい
小児:関節に出やすい
思春期、成人:上半身に出やすい

あせもや、蕁麻疹などは当てはまらないことが分かります。

また左右対称ということは体の中から来ていることがよくわかります。ですから軟膏治療や温泉、スキンケアーだけでは根本治療にはならないこともよくわかりますね。
アトピー性皮膚炎の肌の細胞は壊れた石垣のようです。隙間から水分が蒸発して乾燥し、外から紫外線や、ほこり、花粉、汗などの刺激がもろに肌の内側に入っていくのでかゆくなります。
きちんと積まれた頑丈な石垣にするには中から作り直す必要があります。
漢方薬でよくなるのは皮膚の中から丈夫になるからです。
さあ、すぐにあなたの症状にあった漢方薬を飲んで明るい毎日にしましょう!

ウエマツ先生の本プレゼント