埼玉 川越 漢方薬局 女性の健康とアトピー性皮膚炎応援サイト

漢方美人.COM

アトピー

アトピーの症例

HOME > アトピー > アトピーの赤みの原因は「熱」

一覧に戻る

アトピーの赤みの原因は「熱」

2008年05月20日


赤い発疹は、清熱涼血法で熱を冷ます


このホームページをご覧になって大阪や福井など遠いところから突然こられるかたが増えています。ごなたも良くなっていくのでとてもうれしく思っています。やはりアトピーには漢方が一番です。それも「見立て」が大事です。一人でも良くなっていただくよう私も一生懸命勉強しています。

アトピーで一番辛いのは赤い発疹と痒みです。
赤い発疹は体に熱がこもっていることを表し、急性期の症状で、にきびやじんましんでも見られます。
赤い発疹は例えて言うと火事です。まず火を静めなければなりません。漢方のやり方は熱い血の熱をさます「清熱涼血法」を用います。漢方では「血熱」という独特の考えがあり、次のような症状が見られます。

(1)皮膚に赤い発疹がある
(2) 鼻血、血尿、血便。月経が早く、量が多く、色も鮮やか。
(3)目の充血、口が渇き冷たい物を欲しがる。便秘、赤いにきびや吹き出物が出来やすい。

皮膚病だけでなく上記の症状には「清熱涼血」の作用を持つ牡丹皮、クチナシの実などの配合された漢方薬で体のバランスを取り健康にします。
アトピーの人の舌の色は真っ赤な人がいます。
このような人は皮膚表面の赤みが取れても体内に「熱」が篭もっていることを示し、赤みが収まっても再発することがありますから用心のためしっかり漢方薬を続けたほうが安心です。舌の色がきれいなピンクになってくると体内の熱も収まってきています。

写真の赤ちゃんは真っ赤に顔がはれとてもだるそうです。体温計の熱が平熱でも「熱」がこもっていることがお分かりと思います。お母さんが漢方薬でアトピーが治っているので、医師にステロイド軟こうの継続使用を勧められましたが長く使っていいのか疑問に思い、漢方薬のエキスと漢方の軟膏の太乙膏、赤みを取るクリームでこんなにきれいな真っ白な肌になりました。半年近くなりますがいちども再発していません。

ウエマツ先生の本プレゼント