埼玉 川越 漢方薬局 女性の健康とアトピー性皮膚炎応援サイト

漢方美人.COM

アトピー

アトピー季節の対策

HOME > アトピー > 花粉症は「熱」タイプ

一覧に戻る

花粉症は「熱」タイプ

2008年05月20日


単純に「花粉症の漢方薬」を求めないで


人の身体とアレルギーの木

人の身体とアレルギーの木

今日は春一番の突風が吹き荒れ、新幹線もダイヤが乱れました。
花粉症の方はさぞ憂鬱でしょう。
花粉症に効く漢方薬はいろいろありますが、アトピーのある人は単純に「花粉症の漢方薬を」と求めますと合わないことがありますので、気をつけてください。
以前もこのHPで書きましたが、花粉症になる人は一般的には冷え症で「寒証(かんしょう)」ですので「小青(しょうせい)竜(りゅう)湯(とう)」という干した生姜、乾姜(かんきょう)が入っていて体を温めて漢方薬を用いて治すことが多いのです。が、アトピーの人は肌が赤く、熱感があり、便秘がちという「熱証(ねつしょう)」ですのでこのような漢方薬を使いますと、アトピーは悪化します。
従って使う漢方薬は、鼻水、目のかゆみ、のどのかゆみなど「熱証」に使う天津(てんしん)感冒片(かんぼうへん)、涼(りょう)解(かい)楽(らく)などを用います。肌を悪くしないよう、最善の注意を払って用いることが大事です

ウエマツ先生の本プレゼント