埼玉 川越 漢方薬局 女性の健康とアトピー性皮膚炎応援サイト

漢方美人.COM

漢方で改善

タイプ別体質改善法

HOME > 漢方で改善 > 体質改善6 蒸れてるタイプ(温熱)

一覧に戻る

体質改善6 蒸れてるタイプ(温熱)

2008年05月23日


症 状


蒸れているタイプは主に胃腸と肝臓、皮膚に症状が出やすく、季節と食事が多いに関係があります。
元気で働き盛りの年齢に出やすく、また暑い夏に胃腸症状や風邪として出ることもあります。


顔が油っぽく、てかてかしている。にきびが出やすい。目は黄色っぽい。
口が渇くがたくさんは飲みたくない。口が苦いこともある。いらいらしてだるい。暑がり。大便は粘っこい。尿量が少なく色が濃い。舌の色は赤っぽい。苔はべっとりして、黄色い。


■原因


(1) 夏や秋の初めに湿気や暑さを長く受けた。
(2) 酒や甘いもの、油っぽいものを多く食べて体内でエネルギー過剰になった。
(3) 胃腸で食べ物を運ぶ働きが悪く体内で熱を生じて起きた。


■起きやすい病気


胃腸:腹痛、渋り腹、膿血便、むかむか、食べたくない、便が臭う。
皮膚:痒い、赤い、皮膚が腫れる、にきび、化膿、分泌物がある。
肝臓:わき腹が張って痛い、黄疸、怒りやすい。
婦人科:おりものが黄色く、臭う又は痒い。
膀胱炎:尿が近く、排尿時痛む、尿が赤い。
風邪:身体が熱く、汗が多くだるい、気持ちが悪い。


■治療法


清熱利湿(熱を冷まして湿気を追い出す)。


■生薬


金銀花(スイカズラのつぼみ)黄連(キンポウゲ科)黄柏(キハダ)竜胆(リンドウの根)いんちんこう(かわらよもぎ)、ヨクイニン、車前草(おおばこ)など。


■良い漢方薬


竜胆しゃ肝湯、いんちんこう湯、黄連解毒湯。


■おすすめ食品


●緑豆ははるさめの原料で芽が出るとモヤシになります。身体の熱をとり湿気を追い出すので中国では暑い夏、ジュースのようにして子供に飲ませます。料理は春雨のスープ、もやしの甘酢かけ、緑豆粥など。
● はと麦やヨクイニンは前回でも書きましたがおすすめ食品です。ヨクイニン粥など。
● きゅうり、大根、冬瓜、白菜、小豆、ちしゃ、蓮の葉茶などはさっぱりして清熱作用があります。


薬膳 緑豆とはと麦の炊き込み御飯


緑豆とはと麦の炊き込みご飯 ⇒薬膳レシピはこちら