埼玉 川越 漢方薬局 女性の健康とアトピー性皮膚炎応援サイト

漢方美人.COM

月経症・その他

HOME > 生理 :生理が遅れる(希発月経)

一覧に戻る

生理 :生理が遅れる(希発月経)

2008年05月21日

月経周期が39日以上のものをいい、甚だしいときは40〜50日以上遅れるものをいいます。ただし1回きりのものはいいません。

● 西洋医学の考え
無排卵性と排卵のあるものがあるのでまず基礎体温を測ってみましょう。若い方に多く見られます。排卵性は治療の必要がない場合が多いのですが、無排卵性では放っておくと無月経になる恐れがあるのできちんと治療しましょう。
原因はホルモンの分泌異常や、スポーツ、体重減少、ストレス、環境の変化などによることもあります。

● 中国医学の考え
主な原因
一)冷え(寒邪(=かんじゃ)といいます)
二)血が足りない貧血タイプ(血虚(=けっきょ)といいます)


■寒邪


■症状
生理が遅れる、月経血が少なく色が暗い、レバー状の固まりが出る。下腹が絞るように痛い(温めると楽になる)、手足が冷える、寒がり、生理中になま物や冷たいものを取りすぎたり、冷たい雨に当たったり、またもともと冷え性だったりして、冷えが体内に入り血液循環が悪くなるために起こります。

■治療方針
温めて冷えを散らす

■食事
しょうが、ねぎ、にんにく、にら、シナモンなど辛いものは身体を温めます。鍋料理など温かい食事をとり、冷たいものは控えましょう。シナモン入り紅茶、ココアなど
ポイント●特に生理中はアイスクリームなど冷たいものは絶対だめ。下半身を温めるよう、スカートはやめてパンツスタイルにしましょう。

■生薬
人参、当帰、桂枝など

■漢方薬
婦宝当帰膠、(シロップタイプであまくて飲みやすい)、温経湯、など


■血虚


■症状
生理が遅れる、量が少なく色が薄い、下腹の痛み、だるい、めまい、皮膚に艶がなくしわが気になる、顔色が悪い。髪につやがなく、枝毛になりやすい。

■治療方針
血をふやす

※参考:第10回貧血タイプ(血虚)体質改善シリーズ

生理中や生理後にかけての一週間は出血による消耗が激しいので特に血を増やす食事をとりましょう。風邪もひきやすいので風邪をひいたら、妊娠希望の方は必ず漢方の風邪薬を早く飲むと早く治ります。
脳を使うと血を消耗しますので夜遅くまで仕事や勉強をしないよう気をつけて、十分睡眠をとってください。目を使いすぎても血を消耗します。パソコン、テレビを見過ぎないように。中国の漢方薬“飲む目薬”(杞菊地黄丸)が効きます。

■生薬
当帰は婦人の宝というくらい女性に必要な生薬です。その他熟地黄、白芍薬など

■漢方薬
当帰が69%入った「婦宝当帰膠」は血を増やし、身体をあたため、生理をととのえます。甘くて飲みやすいので女性に好まれ,続けて飲んでいますと血色が良くなり美しくなります。


婦宝当帰膠

婦宝当帰膠