埼玉 川越 漢方薬局 女性の健康とアトピー性皮膚炎応援サイト

漢方美人.COM

月経症・その他

HOME > 生理 :生理(月経)をととのえよう

一覧に戻る

生理 :生理(月経)をととのえよう

2008年05月21日

10代20代の若い女性に肩こり、冷え、生理痛、生理不順、肌のトラブルなど訴える人が増えています。生理を調えることで元気にはつらつときれいになることが出来ます。自分の体質を知って生理をととのえ、きれいに元気になりましょう。


■ふつうの生理はどんな感じ?


あなたの生理はふつうかどうか知っていますか。
正常なのはどんなものなのか知っておきましょう


生理周期
生理が始まった日から次の生理の始まる前日までの日数のこと。
普通は25日から35日くらいで一定しています。

生理の量
1日目はやや少なく、2日から3日目は多くそのあとは徐々に少なくなります。夜用のナフキンを昼使っても漏れるのは多すぎます。逆に1日に2,3回しかナフキンを交換しないには量が少なすぎます。

生理痛
腰が重いことがありますが、痛め止めを飲まないと耐えられないとか、胸が張って痛いのは正常ではありません。

生理期間
生理が始まった日から終わった日まで。普通は5日から7日です。

生理の血の状態
やや暗い赤色でレバーのような固まりは普通出ません。

おりもの
生理前2〜3日と生理前14日前後(排卵日)に透明なおりものが出ます。黄色で臭ったり、白くて多すぎたり逆に全然ないのは正常ではありません


女性に良い食べ物 なつめ


疲れやすい方、貧血気味の方、特に生理中の女性は毎日ご飯に一人2〜3個炊き込むと元気になります。かすかな甘い香りがしておいしいですよ。
蜜なつめを朝コーヒーやお茶、牛乳に入れていただきますと1日元気に過ごせます。
がんで食欲不振、白血球減少、貧血のときあるいは、肝臓病、過敏性紫斑病に1日10個〜15個を煎じて飲みます。(医食同源の処方箋、葉 橘泉編著より)