埼玉 川越 漢方薬局 女性の健康とアトピー性皮膚炎応援サイト

漢方美人.COM

喜びの声

婦人病その他の喜びの声

HOME > 喜びの声 > 喜びの声37 胃がんの痛み

一覧に戻る

喜びの声37 胃がんの痛み

2013年11月04日

喜びの声37!! 胃がんの痛みが楽になりました。

住所:川越市  イニシャル:A 年齢:86歳 性別:男性

☆今までの経緯は?

コスモス今年の4月、胃の内視鏡検査を受けたところ、胃がガンにおかされ胃の出口がふさがりかけていた為、ステントを入れる処置をした。その後7月頃、胃が痛み、病院で薬をもらって飲んだが、痛みがとれなかった。

胃の痛みがとれなかった為、他の病院に行ったが断られた。漢方薬を思い出し、ウエマツ先生にご相談した。

☆漢方薬を飲んで変わったところ、良かったところは?

処方された漢方薬を飲んだらたちまち胃の痛みがなくなり、食事もおいしくとれるようになった。今は胃の痛みもなく、食べられる量は少ないが、グラタン、ヒレカツ、コロッケ、餃子など好きなものを食べられるまでになった。むくみ、貧血などもあるので、処方されている漢方薬を一生けんめい飲んでいる。

~悩んでいる方へ一言~

考えてないでとにかく行動にうつすこと。

☆先生から一言

血色素が減ってきたことから胃の検査をすすめられ、その結果4月にがんがわかり、スキルス性胃がんと診断されました。しかしすでに腫瘍が大きいので抗癌剤治療などはしないで胃の入口に食べ物が通らないのでステントを入れただけでした。

輸血をしたら元気になり退院したのですが、固形物が痛くて食べられず、90kgあった体重が40kgになってしまいました。7月に漢方薬を希望して娘さんが来店されました。

本人がこられませんが、やせているし高齢ですので陰虚(潤いが足りないタイプ)と判断して陰虚の痛みに効く漢方薬を出しました。これがとてもよく効き、現在10月末ですが「喜びの声」に書かれた通りです。もしこの方に体質に合わない痛みの漢方薬を出していたら、痛みはさらにひどくなったと思われます。

漢方は「弁証」といって体質を8種類に分けて漢方薬を出します。その「弁証」を正しくできるのには、長年の勉強が必要です。

このスキルス性胃がんは胃の粘膜ではなく内側にできるので、発見しにくくむずかしいがんで、以前アナウンサーの逸見さんが罹り、大手術となりニュースになったことがあります。痛みはつらいものです。

痛みが楽になり、食欲が出れば毎日元気に過ごすことができます。それがご病人にとって一番です。

担当 薬剤師 国際中医師 植松 光子

喜びの声37

コスモス

ウエマツ先生の本プレゼント