埼玉 川越 漢方薬局 女性の健康とアトピー性皮膚炎応援サイト

漢方美人.COM

漢方で改善

中医ダイエット

HOME > 漢方で改善 > 中医ダイエットについて取材されました

一覧に戻る

中医ダイエットについて取材されました

2008年05月14日


雑誌「Shakitt しゃきっと7月号」ビジネス社


中医ダイエットについて取材をうけました。
体質改善とともに、体重を減らして、健康で元気になった症例を
紹介しました。見開き2ページ、イラスト入りでかわいいページに
なりました。

取材記事:藤本氏 イラスト:しんざき氏

ビジネス社 http://www.business-sha.co.jp/
健康や美容についていろいろ情報が掲載されています。
HPからメールやFAXでも注文できるみたいですよ。


<気滞太り>…ストレス太り


<気滞太り>…ストレスが強くそれにより体内の循環が悪くなり代謝が落ちたことにより
太ってしまったタイプ
特長:ストレスで、つい食べすぎ。特に生理前のイライラが強い「はるこちゃん」タイプ
身長:165cm 体重:60kg 体脂肪:31.5%
症状:下っ腹が気になる。少しずつ増えた体重が戻らなくなっている。

…この方には気の流れの悪さとともに血流の悪さもあったため、改善する漢方薬とハーブティーを飲んで頂きました。イライラが落ち着き優しいお顔付きになり、下腹部のハリの症状なども軽くなりました。ご自身には、朝が早く午前中結構お腹が空くということでしたので、
3食きちんととってもらいました。
(朝食欲がない方や、朝摂るとかえって胃が重たくなる方は朝は果物と野菜ジュースだけでもいいと思います)
白米を「雑穀」に変えていただき、和食中心にしてもらいました。


<気血両虚太り>…貧血&むくみやすく元気のない体質


<気血両虚太り>…貧血&むくみやすく元気のない体質のため太ってしまったタイプ
特長:つかれやすく基礎代謝が低い「ゆるみゃん」タイプ
身長:156cm 体重:55kg 体脂肪:26.5%
症状:むくみやすく疲れやすい。生理不順。立ちくらみが多い。

…この方は一見そんなに太っていないのですが、下半身がしっかりしているのが気になると言っていました。
胃腸の弱さ「気虚」と貧血や生理不順などの「血虚(貧血)」がありましたので、改善する漢方薬と、健康食品などを飲んで頂きました。
胃腸が弱い方は、ご飯はそんなに食べられないのですが、甘いものを好む傾向にあります。
甘いものの摂り過ぎは、太るだけでなく、胃腸を更に弱め、太りやすい体質を作ります。
ご自身にはデザートをだらだら食べずに量をきちっと決めることや、栄養になり消化しやすい食事を
心掛けてもらいました。

→結果、体重-3kg、体脂肪-3.0%、生理も毎月来るようになりました。
なにより「肌がキレイになったね」とほめられることがうれしいとおっしゃっていました。
→結果、体重-5kg、体脂肪-4.5%、便通改善。現在はたまに三爽茶を買いに来られるくらいですが
何かおやつを食べたくなっても、先に養生茶を飲むと気持ちが落ち着くので過食を防げていると
おっしゃっていました。