埼玉 川越 漢方薬局 女性の健康とアトピー性皮膚炎応援サイト

漢方美人.COM

漢方で改善

いろいろな症状に

HOME > 漢方で改善 > 鼻炎   :鼻茸

一覧に戻る

鼻炎   :鼻茸

2013年09月09日

鼻茸が手術をしなくても消えました。

77歳 女性

コスモスBefore

肥厚性鼻炎で、風邪をひくと鼻が詰まり、鼻水はねばねばして色がついています。特に左の鼻は完全に詰まっています。10年前に鼻茸を取る手術をしたのですが6年前に再発して鼻茸が出来、また手術を勧められています。

After

講演会で植松の漢方の話を聞いて来店されました。舌の色や便通の具合をお聞きして症状に合った漢方の煎じ薬をお出ししました。半年くらい飲まれて病院へ行きましたら、鼻茸が消えていて、手術をしなくてもよくなりました。とっても喜ばれたのが、印象に残っています。

その後もまた鼻茸が再発しないよう、鼻のお薬と、便秘もひどく腰も痛いので両方に効く漢方薬を16年間飲みつづけられました。95歳になられて天寿を全うされました。その間、自営業をされていたので、最後に入院されるまで元気に店頭に立ってお客様の相手をされていたそうです。

コメント

鼻茸は慢性副鼻腔炎アレルギー性鼻炎と関係が深く、症状としては、左右どちらか、あるいは両方が鼻づまりの状態になります。ひどくなると鼻で息が全くできなくなったり、鼻の穴からきのこのような形の鼻茸が顔を出すこともあります。また匂いを感じる神経を圧迫することで、嗅覚が鈍くなったり、匂いを全く感じなくなることもある病気です。ひどくなると手術で取り除きます。

この方もかなり大きくなっていて手術をすすめられていましたが漢方の煎じ薬を飲んで消え、その後16年間一回も再発しませんでした。

また漢方で腰の痛みや便秘を治していたので、ずっとお元気で、いつも髪の毛をきれいに結っていられて、忘れられないお客さまです。

担当 薬剤師 国際中医師 植松 光子